ブログ, 仕事探し

現場女子で特に多いのはトラック運転手?

ドライバーの種類

まずはざっくりと大きさで分けてみます。

 

  • 1.5tや2t 宅配等自宅に届くような細かいもの
  • 2t・4t・8t以上(大型) 配送
  • トレーラー(けん引)
  • ダンプカー
  • 大型特殊
  • 旅客系

 

*もちろん他にもたくさんあるとは思いますが、メジャーな部分です。

 

軽トラ等小さめのトラック

畑仕事をしている年配さんが、軽トラックの運転をしているところをよくみかけます。

大きなトラックとは違い、小さい車両でも荷物がたくさん載せられるのが魅力ですね。

 

運転に自信のない人向き。や、自信ない人はこの職種は選ばないかもしれませんが、アタシみたいに

『運転できるか分からないけど、運転してみたい!』

という人もいますので一旦説明させてもらいます(笑)

 

 

2t車くらいまでのトラック

宅配なら小口や不特定のお客様に届けることが多いです。

 

For example・・・

○川急便・○マト・○協さんなどは個人宅に運ぶことが多いですね。

家の横など通行の妨げにならないようになのか。住宅街でもスイスイ入っていけるよう、そのくらいの大きさなのかもしれませんね!

あとは平ボディー箱車かの違いもありますが、とりあえず今は掘り下げません。

 

このくらいのトラックドライバーさんは、とにかく女子増えましたよね。

働く時間帯によってはパートタイムで帰れるようなシフトだと尚更増えますわね。荷物も軽めだったり、調節できたり。

大きな会社で福利厚生などや手当等しっかりしているところ特に人気なんだろうな~。

 

 

4t車などの中型~大型

と言われる大きさになってくると、バックモニターが無いと不安でバック出来ないこともあります。慣れるしかありません。

アタシが乗っていたのもこのサイズ。ワイドやらロングやらありますが、とりあえずひたすら前進なら見晴らしも良いので運転していて気持ちの良い感じです。

 

面接に行った日、部長さんを横に乗せて会社の目の前の国道を走らせてもらいましたが、それはそれは緊張と好奇心の狭間でワクワクが勝ったことを覚えています(笑)

 

何を運んでいるかは会社によりますが、アタシの勤めていた会社は市場の運び屋だったので主に青果を運びます。早朝のシーンとした街の一画で場内だけがお祭り騒ぎ

もう、アタシの持ち合わせている限りの好奇心がMAXでした!!

 

市場の中ってなかなか入らないでしょう?

未知感極まっていて、とても面白いですよ!!

 

体験談は別記事にあります↓↓

デコトラ女子、市場見学、楽しくなって即入社!

 

『パレット』という、木やプラスチックで出来ている台にのっている荷物をリフトで積むこともあれば、手積み手降ろしなども。

そうなるとあたり前ですが、大型の場合は荷物の量も増えるので、運ぶ物によって女性にはハードですね~。

 

 

トレーラー(トラクター)

けん引になってくると、引っ張る荷物をつなげて運んだら切り離してこれば良いので*ちゃぶることもなく体力的には女性でも働きやすいかと思います。

ただ、バックする時のコツ等あるでしょうが。

変な道に入ってってしまい、立ち往生をしているトレーラーを見かけたこともあります。

 

*ちゃぶる=トラックの業界用語ではリフトなどを使わずに手で荷物の積みおろしをすること。

 

 

ダンプカー

土や砂利などを積んで、降ろすことはどうやら経験も必要だそうですが、それはどの職業をとっても同じなので、やはり体力勝負ではなさそうです。

度々女性の運転手や年配の男性を見かけますし、アタシの知り合いにもダンプの運転手をしている女性がいますよ!

 

 

大型特殊(通称:大特)

免許取得はもちろんのこと、公道などでの走行に必要な免許と同時に、現場で操作する作業資格も必要になります。

現場によってもそれぞれ機械が違うでしょうし、必要資格も違ってきます。

前もって調べておきましょう。

 

免許の取得に必要な条件は、細かいことを抜きにすると、満18歳以上であること。

なのでもし普通免許を持っていなくともこういった作業用の免許は取得できるし、使えます!!

調べれば調べる程、欲しくなるぅ~~(笑)

 

 

旅客系

他には2種免許のいるタクシーやバスの運転手です。

お客さんを乗せるにあたって必要な2種。

 

個人的には怖いので、こっち系にはいきませんでしたが、TAXIドライバーで女性っていうのもみたことがあります。

運転の好きな人には良いですよね!

 

 

時代や年代の違いもあるのか?

近年の若い子は『車に興味がない』とか『AT限定だ』、さらには『免許を持っていない』などと聞いたことがあります。

もちろん本人の自由ですし、オバハンのたわ言でしかないのですが、なんだか淋しいですね~。

 

「カッコイイ車に乗りたい!」

「スーパーカーに乗るのが夢だ!」

などと言っていて欲しいエゴイストがやまらない(苦笑)

 

 

そりゃーこの時代に「デコトラ!マニ割り!コンボイ!!」

などと言っている女は少数派ですからね・・・。

 

だがしかし!

海外でもまだまだアツいイベントなどあるんですよね~

退化させずに見守ってほしいものです。

 

その為にも、環境に優しいマニ割りくださーい(笑)

 

いつかデコトラを趣味で持ちたい変人扱いされるアタシですが、まだまだ諦めてませーんよ♪

 

デコトラのナイトシーン
デコトラ/チャリティーイベントにて