ブログ, 海外

LCCでお得に乗ったのはいいけれど、機内に忘れ物をすると…

おこんばんは♪

このところコロナ騒ぎで世はバタバタとしておりますね。

アタシは入園準備でバタバタですよ。(^u^)ㇷㇷ

Kit君ももう4歳。大きくなったなぁ~と桜の下で噛みしめております。

 

皆様、こんな時でも海外でのエピソードや思い出に浸りながら、免疫上げていきましょ!

(楽しいことを考えると免疫力があがると言いたい。)

Kit君はお野菜が苦手っ子なので、大好きなバナナジュースに小松菜を加えてあげるとグビグビいってくれますよ!生のまま使用するので鉄分やカロテン等の栄養素がダイレクトに届くらしく、頼りにしてます。

 

気を引き締めて、家で出来ること!

ブログ書きます!!!(笑)

 

 

忘れ物に気付いた時

さて、

前回の記事で楽し過ぎたハワイの旅をお伝えしましたが、実は到着直後に悪夢が。

読んで頂いた方はすぐに分かるかと思いますが『色々とあって到着は夜に』というところです。

いや、これ完全にアタシが悪いんですけどもね。

 

誰にでも起こりうること。気を付けないと、うっかりやってしまうことなのですが

『飛行機に忘れ物したーーー!』

です。

 

もっと言うと、『座席の前のポケットにiPadーーー)*o*;(』

です。

 

しかも、降りる前に母に「忘れ物は無いか?」と確認されたのにもかかわらず。

えぇ、スットコドッコイなんです。

 

 

ここで子連れの方に特に気を付けて欲しいのが、子供に見せていたiPad!

そして子供の座っている座席の前のポケット!

降りる時にだいたいケータイなどは確認するんですよね。財布とかは。

飛行中の寝る前見せていたiPadはもう、『記憶にございません』でした(*_*;

 

何故せめて自分の前のポケットに入れておかなかったのだろう?そこなら確認したのに。

何故見せるのを辞めた時点で、鞄にしまわなかったのだろう?また後で見せると思ったのだろうけど。。

何故ポケットを確認する時にパンフレット等も出してまで確認しなかっとのだろう?チラッとは確認した気がするけど。。。

 

すべては『うっかり』が原因ですね。

 

飛行機が到着し、空港から出て隣接するレンタカーで車を手配してもらって、いざ街へくりだそうとしたその時!!

母が「iPadは?」と言うところでないことに気付きました。チーーン

 

と、いうわけでハワイの旅の始まりは、iPadを探す旅となりました。 うまいっ \(゜゜)

 

空港に到着
ハワイ到着/HNL空港

 

 

乗ってきた飛行機は?

まずそこですが、シンガポール拠点の格安航空会社『Scoot』

そうなるとあたり前ですが英語がメイン。ですがネットで検索すると普通に日本語で表記されていますのでご安心を。

 

この日は関空から飛ぶ便を利用。

夕方空港に着、飛び立つのは夜。ハワイに到着するのは現地時間のお昼前頃。

この時間を選んだ理由は、時差ボケを最小限に抑える為。少しでも仮眠して現地での時間を有意義に過ごすこともそうですが、何よりKit君の持て余す時間を回避したかったのです。

夜ならリズム的に深く眠ってくれるかな?つまらなくて歩き回るということも少なく済むのかな?と。

 

座席のクラスはエコノミーで、格安の飛行機はそんなに色々と充実していませんね。あたり前ですが安いぶん様々なオプションが外されてただ搭乗するだけ。

なのでJALやANAで行く時のように、座席のヘッド部分にあるモニターも無くてKit君にiPadを見せていたのです。

かといってずーーっとiPadを見せておくわけにもいきません。それならもう、お腹を膨らませて夜の眠りにつくことが1番だと思います(笑)

 

機内食はついて無かったですが、CAさんに直接言えば注文が出来るので、無難なカップヌードルとサンドウィッチを注文。(その場で支払い)

 

機内食のカップヌードル
ヌードル&サンドウィッチ/機内にて

 

Kit君はラーメンが好きなので、喜んで食べていました。

 

飛行時間は約7・8時間。

格安だからといって、普段からエコノミーに乗っているアタシからするとヘッドのモニターが無い事以外はあえて突筆するようなこともありませんですが、到着してからのiPadを探す時には不便だなと思うところがありました。

 

 

機内での落し物・忘れ物はいづこへ

今回、機内で初めての忘れ物ですが、まず何処で誰に聞けば良いのか分からず空港1階のInformationへと急ぎました。

急いだと言っても、飛行機から降りてから戻るまでに2時間程は経過しています。

 

Because,降りるといっても入国審査での時間が結構かかる。

そして完了後に出口から駐車場へ歩いていき、レンタカーの手配をしてもらうのにまた順番待ちをして、おそらくこのあたりで1時間。

手続きをしたら今度はナビの使い方や注意事項等モロモロの話を聞き、駐車場内で自分達の車が置いてあるところへ向い、チャイルドシートを取り付けて・・・と。

そこでKit君が待てないでいるというサインを感じ取った母が「iPad」と口を開いたわけですよ。

 

ハワイのレンタカー
今回のレンタカーはNISSAN

 

ひとまず戻って、そのInformationで座席のチケットを見せ、「iPad忘れた!!」と説明していると、どこかに電話をかけてくれたものの、電話に出んわ的なジェスチャーで終わりました。

 

なのでまだわけも分からず、2階のチェックインカウンターの並ぶあたりでScootを探しました。

その間、母にはひたすら「どーすんの?盗られてるかもよ!あんなけ言ったのに」とリピートされ続けています(*_*

 

あっちへ行ったりこっちへ来たり。たらいまわし(._.)

 

Scoot窓口は見つからないのでネットで検索をしてみます。すると、大阪発-ハワイ着の便の次はハワイ発-大阪になっていました。

日本に電話すれば良いのかどうなのか?

 

そもそも掃除をするだろうから、その時に見つけて忘れ物センターに届けられているだろうと思っていたし、今の時点でそう願うしかないじゃないですか?!

だがうちの母はそうはいかず。基本が自分以外のことを信じない傾向にある人なので、

「そんなポケットの隙間なんて探さないだろう。もし見つけても黙って持っていく人だったらもう返ってこないんじゃないか?」

と言い、まだまだブチ切れ中。

 

不安な顔で走り回っているアタシを見かねたお兄さん(アロハシャツを着ていたので、空港のスタッフさんだろう)がどーした?と様子を伺ってきてくれたけど、「Scootを探している。カウンターは何処?!」と聞くと一緒に探してくれたもののやっぱり見つかりません。

 

しまいには、とにかく日本語の通じる人!!と思い、『JAL』のカウンターでお姉さんに聞いても分からず・・・

ニャンニャン、ニャニャーン♪

ニャンニャン、ニャニャーン♪

 

1つ分かったことは、ターミナルの向こう(レンタカーなどのあるあたり)に忘れ物等が回収される場所があるという。だけど今すぐにあるかは分からない。掃除をする人が何機か周り、半日後とかに届けられたりもするのだそう。

なので直後の今よりも明日に聞くのが一番確実かもとアドバイスも頂きました。

 

それから、関空にも電話をしてみます。国際電話になってしまいますが、気にしている場合でもなくTELすると、Scootのスタッフではなく、ANAの女性。代わりに答えてくれました。流石です!!

ですがその結果、やはり忘れ物が届くところにまず確認をとることとなった。

 

 

後から気付いたのですが、Scootのチェックインカウンターで受付が終了すると、もうその場にはいないですよね。

なので諦め、ネットからScootの『お問い合わせ』でメールをするも、返事はすぐには返ってきません。

 

電話をしてみましたが、「日本語の話せるスタッフがただいまおりません」というアナウンスが。

そーか、ネットにある日本語表記の日本時間で日本語対応の枠とは違う、ハワイ時間で電話をしているのです。時差の関係も含め今ではナイということですね。

 

母には一度冷静になってもらい、これだけやることやったのだからお問い合わせのメール連絡を待とうと説得。

お手上げだ!!!といったところで一旦打ち切り。

 

可愛そうなのはKitくん。

お腹が減ったまま眠り(お昼寝)についたのではないかな・・・。

とにかく待たされ、時間が過ぎましたね。

 

*最後にアクシデントもあるので、もう暫くお付き合い下さいね(^_-)

 

 

次の日の捜索(記録)

いや~、到着当日は母がプリプリしてギスギスしていました。

夕方にようやく買い物に行って、少し落ち着きを取り戻しました。

 

2日目は、

  • 空港に電話をするか
  • もう一度Scootに電話をするか
  • もしくは直接空港に行って忘れ物の届けが無いか聞く

 

と、思っていると時差やら疲れで朝から母の頭痛も酷く、朝&昼兼用のような食事を済ませたころ、1通のメールに気付きました。

それはScootから。

「メールがきていた!!!」 ←アタシ

そこで英文の内容をコピーし、翻訳できるアプリにペーストし、日本語にしてみました。

 

 

<メール内容:全英文>

Scoot/訳

Dear Kit-mom Family!

iPadの紛失について問い合わせがありました。

これはあなたが探しているアイテムですか?ご確認ください。

HNL空港(ダニエルK.イノウエ国際空港)

記録によると、〇〇/30APRでKIX(関西国際空港)に出発します。

出発時に請求することもできます。

Thank you.

 

HNL手荷物サービス

 

iPadの写真(カバー)
iPadゾウのイラストのカバー

 

 

写メ付きのメールでとてもテンションがあがりました!!

思わず返信メールで

 

アタシ/

Yes Yes Yes,it was.

Thank you so much!!!

 

と送りました(笑)

 

Scoot/訳

Aloha Kit-mom Family.

〇〇/30APRでご出発の際にご確認ください。

Thank you.

 

と、いうわけであったのです!

ま、あるでしょうね。

 

こちらが信じてなかっただけで(^_^;)とくに母。

そしてあった事で安堵のアタシ達は、今までの旅行を取り戻すかのように楽しみました

 

 

最後のアクシデントとは??

なんだかんだ旅を楽しんだ最終日、帰りの支度をしていました。

アタシ達はハワイに行くと1つのHOTELに連泊するのではなく、行く予定の方面によってChangeしているので、今回は

1泊目 The Kahala Hotel

2泊目 The Kahala Hotel

3泊目 Aqua Oasis Hotel

4泊目 Aqua Oasis Hotel

このように2泊ずつしました。

 

最終日ですよ?最終日になって、母の履いてきたブーツがないことに気付きました

現地では持っていったサンダルを履いていたので、到着した日からは存在が薄れていることは確か

ですが、次の日に気が付いていれば予定変更も出来たのに

忘れてきたのは空港とは反対方向のKAHALA HOTEL

しかも午前中の搭乗だった為に取りに行く時間も無く(汗)

初日アタシのことをあんなボロックソに言っていたのに・・・haha(゜▼゜)

 

その後どうなったか?

母は自分で国際電話をする勇気がなく、1ヶ月以上が過ぎ

いざ電話をしてみると「もう残っていません」という返事だっだそう

有名高級HOTELなので、思い出してすぐにでも確認をとっていればあったのでしょうが、とにかく連絡が遅すぎましたね!

母の一番のお気に入りだったのですが、やむおえません。

 

こんなハプニングだらけの珍道中が続く家族なのでした~

もしアタシ達のようなうっかりさんがいましたら参考になさって下さい(^。^)/~

 

★KAHALA HOTEL の宿泊レポートはこちら

 

iPadを使いこなす子供
こんな感じで遊んでいたiPad/Scoot機内